image1.jpg image2.jpg image3.jpg

HOME > 太太神楽

<太太神楽とは>

神楽とは 人々の穢れを祓ったり、神懸かりのための儀式として 人々と交流するなど神人一体の宴の場であり、そこでの歌舞が神楽と呼ばれるようになったとされています。
氏子・崇敬者の無病息災・家内安全・福徳招来・延命長寿を祈願し奉納されます。
当神社の御神楽の起源は定かではありませんが、碓氷峠の各社家に一座ずつ奉納舞を持っていたと言われています。
昔は御神楽を舞う例祭に参加するために 遠方より参列する人もいたほど有名でありました。
特にこの熊野皇大神社の由緒記に伝わる八咫烏の姿に扮し 舞う「からすの舞」が一番の特徴で、からすときつねがまじり合う姿が 優美で独特です。
全国各地にも様々な「神楽」が伝わっています。

<御神楽の演目>
散(さん)米(まい)の舞・・・命の基である お米が収穫できたことを心より神様に感謝をして、大地の四隅に 命の種である米を撒く舞です。

天狗の舞・・・熊野皇大神社の奥にある鼻曲山の峰に大天狗・小天狗という名前が付けられており、その昔 天狗がいたのではないかと言われています。そのことから天狗の面をつけ舞われるようになりました。
「峠」の語源は「手向け」という意味です。
この舞は 碓氷峠の神様に供物をするというその心・情の念を捧げる舞です。

千箭(ちのり)の舞・・・弓の威力にて悪神を鎮め 世の平安を祈る舞です。

からすの舞・・・三本足の縁起「八咫(やた)烏(がらす)」に厄除けを願う舞です。また、撤下神饌の切餅を氏子に頒布する舞でもあります。

火の舞・・・闇を照らしたり、囲炉裏を囲んで一家団らんをしたり、煮炊きをしたりと火は、人間生活にはなくてはならないものです。火の神様である三本竈神様に感謝を捧げる舞です。

<御神楽復活の経緯>
現在は昔ほどの活気がなく、見る人もまばらで存続の危機に面しているので、伝統あるこの舞を絶やさないよう、後世に舞をつないでいけるよう、保存会を結成しました。